デリヘル嬢の好奇心を揺さぶれば気持ちが傾く

デリヘル遊びは男性の前で鉄壁なガードを敷いている女性でも年齢、思考、性感それぞれのウィークポイントを把握して女のエロスィッチに火をつけろ!

*

デリヘル嬢を口説いてみたいあなたに

デリヘルに限らず女性が身体を許してもいい、あるいはセックスしてみたいと思うのはどんなときでしょう。それは女性の心と身体の状態で異なるはずだ。そしてまた、心や身体の状態は女性の年齢やセックス観によって大きな開きがあるに相違ない。そんな女性たちの心と身体の弱みを世代別に検証してみたいと思います。

ほとんどのセックスは男性が射精すると終わる。それだけでも女性の快感が無視されていることがわかるはずだ。その上、女性はつまらないセックスに悦びを感じられなくても口には出せずに胸のうちにしまっておく、そんな女性が少なくないのだ。不満を長い間溜めておけば、ある日突然に怒りが爆発し、そのパートナーを嫌いになることもある。いかに女性が強くなったとはいえ、ことセックスに関して女性は本来的に不利な立場は変わらない。

女性はセックス自体が弱みといえる。それだからベッドで思いやりを感じると意外にコロッと参ってしまう。いくら女性を口説くのがうまくても身勝手なセックスしか出来ないといい関係は続かない。言い換えれば、男性こそが女性に悦びを与える楽しさを覚える必要がある。そうすれば女性はセックスに解放的になり、快感は見違えるように開発されていく。そして結果的にお互いが豊かな官能を共有できる素敵な関係が育まれていくでしょう。

女性のセックスは性経験や年齢によって変化していくが、官能に最も大きな影響を及ぼすのが心理面ではないだろうか。どんな女性も気持ちが開放されれば性感は豊かになり、気持ちを閉ざせば感じなくなる。男性は一般に身体的な性感を責めようとするが、内面を愛撫することのほうが女性の反応はずっと豊かになるころを知るべきだろう。

内面を愛撫するとは難しい顔をしてセックスの話をすることではないだろう。男性がオープンな気持ちで女性に接すれば女性も自ずと心身がリラックスしてくる。この気持ちの共鳴は具体的な行為にも現れてくる。女性を感じさせようという気持ちがあれば、女性の心や身体の状態を理解して性感をうまく引き出していくように努力する。いっぽう、自分が気持ちよくなろうとするだけのセックスをすれば、女性の気持ちは離れていく。それは当然のことなのだ。男性の思いやりが女性の満足度に大きく関わっているのである。
特に大宮のデリヘルはレベルが高いみたいですね。

公開日:
最終更新日:2016/11/12